ニーサ口座の制限

株式のグラフ

ニーサ口座では通常の証券口座とは違った特殊な制限があることを、予め知っておくことが大事です。
まずニーサ口座の制限として、年間で100万円までしか投資をすることができないことが挙げられます。
非課税枠が100万円までに制限されていることから個別株の投資は2,3銘柄しか単位株で買えないことが多くなっています。
そのため、ニーサでは個別株の分散投資はし難い面が出てきます。
また、非課税枠が100万円となっていることから、単位株で100万円を超えてしまうような値嵩株は買えないようになっています。
しかし、値嵩株であっても証券会社によっては、10分の1の単位から購入が可能なミニ株を活用すると購入することができるようになります。
なお、ニーサで個別株を購入する場合には、非課税枠が数万円程度余ってしまうことが起こり得ます。
その場合には、1万円程度から購入できる投資信託などを別に購入しておくと非課税枠を有効に活用することができると思います。
次にニーサ口座の制限としては、損益通算ができないことが挙げられます。
通常の証券口座では一部の証券売買において損失が出てしまった場合には他の売買と損益通算をすることで、支払う税金を安くすることが可能です。
つまり、通常は損益通算によって損失分を補てんすることができるのです。
しかし、ニーサではすべての取引が非課税扱いとなっているため、損益通算という概念がありません。
よって、ニーサ口座では株式などの売買において、損失が出てしまった場合には補てんをする手段がないです。
ニーサにおいて損失補てんをする手段がないことを考慮すると、取引で含み損を出さないことにより気を付けることが重要となってきます。
含み損のリスクを減らすには、十分な時間分散投資するといった対策が有効と言えます。

関連記事